リスクも踏まえて契約を|駐車場経営で天下を取ろう|思い通りの人生に
レディ

駐車場経営で天下を取ろう|思い通りの人生に

リスクも踏まえて契約を

ウーマン

不動産一括借り上げ制度

アパート経営は難しい、これはよく言われることです。新築アパートは人気でどこでもすぐに満室になることが多いですが、周りをみてみるとアパートは乱立しています。人はどうしても新しいところへ流れていくので、空き室になったりすることも珍しくなく、空き室を埋めるために家賃を下げなくてならない場合もあります。こうしたアパート経営の大家さんの不安を解消しようというのが、不動産賃貸における一括借り上げ制度サブリースなのです。物件そのものを一括借り上げし、大家さん側にリース料としていくらかを払う仕組みです。サブリースでは、アパート建築とサブリース契約がセットになっていることがほとんどです。空き室に関するリスク費用が建設費用に上乗せされている場合もありますので、建築費が妥当な金額であるかの確認はするようにしましょう。またサブリース契約には「賃料見直し」という項目があります。新築の際のリース料がずっと続くわけではありません。定期的な賃料見直しによって払われるリース料も下がっていきますから、契約書はきちんと目を通すようにしましょう。

双方がいい関係になる契約

サブリース制度は、賃貸業界において大きな問題になっているとされています。それはサブリース契約は宅建業法の対象外であるからです。サブリース制度自体は、仕組みに問題があるわけではありません。不動産会社と大家さん側双方にメリットもデメリットもある制度なのです。しかし、プロである不動産側はあまり積極的にデメリットを伝えない傾向があります。何も知らずに、メリットだけを鵜?みにして契約をしてしまっては、大家さん側は大きな損害を受けることもあります。サブリース契約を結ぶ際には、仕組みそのものを理解し、メリットやデメリット、不安な面、わからないことをきちんと答えてくれる不動産会社にお願いすることが重要なのです。よいパートナーとなれればサブリース制度は双方にメリットをもたらします。そのためにも、こちら側もよく勉強することが大切です。